フォト

いくつになったの?

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

寝文字クラブ

  • D
    不思議な寝姿 【寝文字】写真集♪

楽天

無料ブログはココログ

« リクの病院&トリミングデー | トップページ | 再び、神戸市立フルーツ・フラワーパーク »

身の丈を知る、って感じ

今日はこんな所↓に行ってきました。

2011032001
 
地図を見たら、以前紹介した神戸市立フルーツ・フラワーパークや神戸三田プレミアムアウトレットの近くにあるらしいので、行けば直ぐ分かるかと思いました。が、ですよ、この近くまで行ったのはいいけど、場所がわかんなくてこの辺りをぐるぐると車でさまよってしまいました

ここに何をしに行ったかというと、緊急里親会が開催されたのです。埼玉の保護団体さんが地震と原発の影響で物資やガソリンが手に入らなくなり、ボランティアの方も通ってこれなくなったということで、このままでは満足に保護犬の世話を出来なくなるとの事で、緊急で保護犬達を連れて遠く関西の神戸まで避難されてきていたのです。

そして開催された里親会、お力になれないかと思い家族総出で行って来ました。何故家族総出で行ったかといいますと、もし可能ならば里親になれないかなぁって思ったからなんですね。

2011032002

以前にも何度となく繰り返し母と話し合ったけれど、「里親になりたい」「ダメ」の繰り返しで話し合いは平行線。(ダメの理由はいっぱい過ぎるので割愛) でももしかしたら実際に保護犬達を見たら、母の気持ちも変わってくれるかもなんて思いつつ家族をそそのかして連れて行きましたが、やっぱり現地でも説得出来ませんでした。(家族をそそのかしたエピソードはまた明日)

なので、持っていったドッグフードを置いてすごすごと帰りました。なんだか冷やかしに行ったみたいで申し訳なかったな。しかも持っていったドッグフード、これっぽっちだったし。

2011032003

ドライフードたったの二袋

でも私もなんとなく、自分は里親になれないな、っていう気はしていました。

金曜日に「天才!志村動物園」で「柴田理恵さんと晴太郎君」のエピソードを見て、「命を預かる責任」についてとても考えさせられたからです。柴田さんと障害を持つ晴太郎君の事は知ってはいたけど、私は単純に障害があるから柴田さんが即座に引き取ったのだっていう風に思っていました。でもあの柴田さんが何ヶ月もの間、自分が引き取るべきなのかどうか悩み葛藤していたっていうのを、初めて知りました。

私が里親になりたいって言っているのは、ただ単に理想を語っているだけだっていうの、里親会に行く頃にはもう自分でも気付いていたからです。その行為が素晴らしいって思っているだけで、その後の引き取った命についてあまり考えてなかったんじゃないかな、って改めて考えたんですよね。物凄くぐるぐる考えすぎて、頭が痛くなった

いいタイミングで「天才!志村動物園」を見たなぁ。って思います。

 

ちょっと話は変わりますが、「犬を飼って飼ってー」「誰が面倒をみると思ってるの、ダメです」みたいな小さな子供と母親の会話を想像してみて下さい。で、子供ならそう言われたらどんなに駄々をこねたって自分ではもうどうする事も出来ないですよね。

が、そのダメって反対された子供がええ年した子供、まぁつまり大人やったとしたら。働いていて自分の金を持っているとしたらどうですかね。「いいもんじゃあ自分で飼う(買う)から」ってなって、家族の反対なんか聞かずにさっさと犬を買って来たとしたら、家族はどう思うかな? しかも自分で飼うって言ったくせに、育犬ノイローゼみたいになって犬に当り散らして家族にも当り散らして、迷惑かけまくったとしたら。更にガッツリ躾に失敗しているなんて状態で、今でも手を焼く時があり現在進行形で迷惑をかけているとしたら。。。

そんな人間がどんなに「里親になりたい!」って言ったって、どの口がそんな事を言うか って感じでもう全然ダメだよねぇ。

はいはいもうお分かりですね、そのダメ人間は私です・・・

 
 
私の結論は、身の丈にあった愛を です。今の私の技量では二本の腕でリクを抱きしめたらもう他の子は抱きしめるゆとりはないかな。だから、保護犬達の為に何かをするのなら、今までずっと里親になるっていうのを諦めきれないでいたんだけど、無理をして里親になる事ばかり考えるんじゃなくて、今は物資や義援金で支援をする方が私にはいいかも。

2011032004

私にはリクがおるもんね この溢れる愛をリクに (って思うんだけど空振りが多いなぁ・・・

 

« リクの病院&トリミングデー | トップページ | 再び、神戸市立フルーツ・フラワーパーク »

コメント

はあ~ほんと・・・
切なくて情けないなあ・・・と思います。
処分されていく犬は毎年増えてるし
譲渡会も何回か行きました。でも・・・
全ての犬を助けてあげる事は現実不可能ですし。
やっぱり私もレオンだけをギュッと愛してあげるのが
一番いいのかな、と思いました。
譲渡会のお話で「飼わない事も大事」というお話が。
只飼いたいという気持ちだけで犬は飼ってはいけない。
ご飯をあげて散歩に連れて行けばいいというもんではない。
命を預かる責任を感じなければ飼う資格はありません!と。
里親にはなれなくても出来る事はきっとあるはずですもんね!

私も考えた事ありました。。
でも まろんでさえ手術や通院で
すごくお金もかかるし まずまろんと
うまくいかなければ その子もまろんも
不幸になっちゃうなあって考え直しました。
こんな私では 施設でもOKださないと
思うし・・かんたんなことではないですよね。
でもできると覚悟がある人は
がんばってほしいですね!

持っていったドッグフード、これっぽっちだったしって!!
大事なのは気持ちなんだから、充分だと思いますよ。
できる事をすればいいんだと思います。

こういう保護施設だけじゃなくて、
普段利用している動物病院でも、いつも里親を探している状態なのですが
2匹目を迎えたくとも、
うちの場合は住宅の利用規約とかあって、不可能なんですよね;;
こっそり多頭飼いしている方もいますけど…
(そもそも、うちの犬の性格では2頭目は無理かもしれない…^^;)

>私の結論は、身の丈にあった愛を

この言葉に
すみこさん、すっごい正直で、本当に動物を
愛する大事にするってことが
すっごく伝わってきたよ!


こんにちは、mackey様
処分される子達、一向に減らないですよね
私は譲渡会、今回で2回目でしたが、やはり思いだけが先走ってしまっている状態で、家族の了承を得られそうにありません。家族から信頼を得られないのは、自業自得的なところもあるので仕方がないです・・・
犬を不幸にするのは愛犬家だ、って言いますよね。嫌いな人はそもそも飼わないから、結局犬好きな人が犬を飼っては捨ててしまって・・・。本当に、飼わない事も大事だと思います。
里親にはなれませんが、他に出来る事をやっていけたらと思います。

こんにちは、maron-go様
そうなんですよね、病院代とかワクチン代とか、本当にお金がかかるから、簡単な問題ではないんですよね。
それにうちもリクの性格を考えたら、次に迎えた子とリクと、お互いがストレスで大変なことになるかもしれませんし。
自分の心構えや飼う環境が整ってから、真剣に考えないといけない問題ですよね。
私も無理をせずに出来る範囲の事をやっていきたいです!

こんにちは、ヨライダ様
持っていったけれど、箱で送られてきている物資を見たら、なんだかこれっぽっちしか持ってこなかった、ってすごく気になっちゃって・・・
そうですよね、何もしないよりは行動を起した方が良かったんだし、自分に合った範囲内でお手伝い出来たんだと、そう思うようにします!
住宅関係もそうなんですが、先住犬との相性も気になりますよね。
無理をしてお互いが不幸になると駄目なので、こういうのは勢いで突っ走っちゃいけないな、ってつくづく思いました。

こんにちは、ここな様
私の今の愛情て、多分リクだけで精一杯な感じかも
理想に燃えるのはいいけれど、ってふと自分の心と向き合ってみたら、そう結論が出た気がします。
リクをまず幸せにしてあげないと、次の子なんて無理ですものね。
里親になるだけじゃなくて、出来る事をこつこつと、って思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リクの病院&トリミングデー | トップページ | 再び、神戸市立フルーツ・フラワーパーク »