フォト

いくつになったの?

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

寝文字クラブ

  • D
    不思議な寝姿 【寝文字】写真集♪

楽天

無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

シャンプーして来ました♪

先日、リクは月に一度のシャンプーして来ました♪

まだまだ暑いねー、そんな中、チャーリーで頑張って行って来たよ。

まぁ暑さをのぞいたら、電動自転車なので走ること自体は楽なんだけどね。

仕上がりはコチラ↓

2019093001
2019093001 posted by (C)すみこ

ふわさらになったよ~。

ちょっと手触りがしっとりになっていたので、さらさらしてて触り心地抜群になった(^_^)

いい匂いもするし、やっぱりシャンプーしてもらうのはいいねぇ。

2019093002
2019093002 posted by (C)すみこ

で、今回、写真がなんか、ほぼリクに焦点の合ってないのばかり撮れてた(-_-)

このシャンプーの時に限らず、他の日の写真もピント合ってないんだよね、なんかカメラの設定かなんか知らない間にいじっちゃったのかなぁ。

2019093003
2019093003 posted by (C)すみこ

今回のリボンは、チョーカーにしてもらったよ。

ハロウィンだよ~。

真ん中にカボチャ、右にゴースト、左にコウモリ。

2019093004
2019093004 posted by (C)すみこ

コウモリが見えにくかったのでこちらの角度の写真も載せてみた。

ハロウィンはやっぱり可愛くていいね~♪

で、ハロウィンのおやつも売られていて、思わず買ってしまった。

2019093005
2019093005 posted by (C)すみこ

フリーズドライ薩摩紫イモ。

可愛いハロウィンシールがついていたので、目を引いて思わず買ったんだけど、イモなら体に悪くないよね、とか自分に言い聞かせてしまった(^_^;)

ちなみにリクが写真では必死に食い付こうとしているけど、それは紙ラベルだけでそこにはおやつははずしちゃってなかったんだけどね。

目の前の物に必死になる姿、面白可愛いよね~。

この後、薩摩紫イモをあげてみたら、ばくーって指ごと食べる勢いでがっついてくれたよ(^_^)

リクちゃん、シャンプーお疲れ様。

 

竹田城跡旅行記 ~神子畑選鉱場~

今日も竹田城跡旅行記で~す。

今日で最終回となります。

天空竹田屋(焼肉屋)で昼食を終えて、その後の予定は何にもなかったんだけど。

行く所も調べてなかったし、帰るか、って思ったけどちょっと帰るには時間が早いから勿体ないなぁ~。

というわけで、その場で調べてワンコと一緒に簡単に行けそうな場所へ行ってみた。

2019092701
2019092701 posted by (C)すみこ

神子畑選鉱場跡。

金・銀・銅・鉛・錫とか色々ととれた鉱山跡らしいです。

2019092702
2019092702 posted by (C)すみこ

なんかよくわかんないけど、リクのお散歩でもしようね。

2019092703
2019092703 posted by (C)すみこ

こんな場所。

よっぽど興味がない限りやってきても意味が分からないかも・・・

選鉱場の上下を結んでいたインクラインの跡、っぽいです、多分。

2019092704
2019092704 posted by (C)すみこ

一円電車。

明延鉱山という所で採掘された鉱石を神子畑選鉱場に運ぶためにつくられた鉱山電車で、正式名称は明神電車なんだけど、運賃が一人一円だったから「一円電車」って呼ばれるんだって。

2019092705
2019092705 posted by (C)すみこ

中に乗れるようになっていたので、勿論乗って記念撮影したよ~。

2019092706
2019092706 posted by (C)すみこ

一円電車も一緒に、神子畑選鉱場跡とリク。

2019092707
2019092707 posted by (C)すみこ

ちなみにこの辺りは他にも見所が色々とあるっぽいので、のんびりと歩いて回ったら色々と見れたかもしれない。

2019092708
2019092708 posted by (C)すみこ

何だったのか分からないんだけど、なかなか巨大な建造物だったので、記念にパシャリ。

2019092709
2019092709 posted by (C)すみこ

ムーセ旧居~フランス人技師達の宿舎~。

外国人技師ムーセの住居宿舎。

2019092710
2019092710 posted by (C)すみこ

リクも記念撮影。

2019092711
2019092711 posted by (C)すみこ

ここではリクもちょいちょい歩いたよ、頑張ったね~。

2019092712
2019092712 posted by (C)すみこ

多分線路跡の何か。

さぁさぁ、他にはもう行く所も見つけられないし、帰りますかね。

2019092713
2019092713 posted by (C)すみこ

最後に道の駅にトイレ休憩に寄って、岩津ねぎのオブジェと記念撮影。

2019092714
2019092714 posted by (C)すみこ

帰りの車の中、リクは爆睡。

暑かったし、疲れたよね、リクちゃんお疲れ~。

長かったけど、竹田城跡旅行記は終わりです。

お付き合いいただいて、ありがとうございました~。

 

竹田城跡旅行記 ~竹田屋~

今日も竹田城跡旅行記で~す。

竹田城を後にして、向かったのがコチラ↓

2019092501
2019092501 posted by (C)すみこ

天空竹田屋。これ、焼肉屋さんです。

なんでここに来たかと言うと、お昼を食べるためなんですね~。

竹田城跡を下山する時に、バス停に向かって歩いて居る時にチラシを配っている人がいて、なんと、ワンコも店内大丈夫ですって言われたんですよ。

なので、それを信じて行ってみた。

なんかめっちゃ普通の飲食店って感じだったのでホントに大丈夫かなぁ~って心配になったけど、ホントに大丈夫だった。

2019092502
2019092502 posted by (C)すみこ

店内でのリクの様子。

和室の個室になっていて、リクを壁際に置いて座ったよ。

2019092503
2019092503 posted by (C)すみこ

ランチメニューはこんな感じ。(普通の焼肉もあったと思う)

さぁ、食べるぞ~。

2019092504
2019092504 posted by (C)すみこ

まさかワンコと一緒にこんなに普通な食事が出来るとは思わなかったよ。

2019092505
2019092505 posted by (C)すみこ

奥にリクが写っているの分かるかな?

リクは疲れていたのかバッグに入ったまま大人しくしてくれて、くれくれも言わなくて、落ち着いて食事をすることが出来たよ。

焼肉美味しかったぁ~。

2019092506
2019092506 posted by (C)すみこ

リクは食べる物がなかったけど、いいこにしててくれて、本当にありがとうね。

お腹もいっぱいになったことだし、次に行きますか。

続く。

 

竹田城跡旅行記 ~竹田城跡 2~

今日も竹田城跡旅行記で~す。

今日も竹田城跡についてになります。

竹田城跡、ワンコOKです。

なので、リクもてっぺんについてからちょっとだけお散歩しました~♪

2019092301
2019092301 posted by (C)すみこ

でも暑かったので、たいして歩かなかったんだけどね(^_^;)

まぁ暑くなくてもほとんど歩かなかっただろうとは思うんだけど。

2019092302
2019092302 posted by (C)すみこ

リクと石垣。

2019092303
2019092303 posted by (C)すみこ

結局直ぐにバッグインにて、下山することとなりました。

自力で全部歩いてくれたらすっごい楽だったんだけどなぁ~。

2019092304
2019092304 posted by (C)すみこ

こうして見たら人が居ないように見えるけど、時間がたつとどんどん人が増えて来てたので、景色をゆっくり見て綺麗な写真を撮りたい場合は、早めの時間に来るようにした方がいいと思いますよ。

2019092305
2019092305 posted by (C)すみこ

さぁさぁ、頂上から降りていきます。

2019092306
2019092306 posted by (C)すみこ

あっちもこっちも石垣だけ~。

いやまぁそうだろなとは思っていたんだけど、やっぱりお城そのものがないと寂しい。

竹田城跡はやはり雲海の時期に気合いを入れて雲海を見れるように来た方が、感動もひとしおだと思います。

2019092307
2019092307 posted by (C)すみこ

やっぱり軽く登山だったねぇ。

という訳で、竹田城跡バス停を目指しててくてく歩きましたとさ。

途中にあった↓

2019092308
2019092308 posted by (C)すみこ

バス停と竹田城跡の間にあった、竹田城跡の門。

2019092309
2019092309 posted by (C)すみこ

どちらかと言うとバス停に近い。

竹田城跡へ向かう道とはちょっと違って横道にちょっとそれるんだけど、たいした距離じゃないので是非寄って行って欲しいかも。

ちょっとした広場になっていて、トイレと自販機もあったよ。

記念撮影後バス停まで戻ったんだけど、バスの時間まですごい待たなくちゃいけなかったので、結局タクシーで帰ったんだけど。

タクシーに乗ってみて思ったこと、「まちなか駐車場まであっと言う間やなぁ~」です。

これなら行きも、バスを待たずに早めにホテルをチェックアウトしてタクシーで行ってたら、もっと人が居ない時に観光出来たなぁ~。

距離とか、地図を見てたらピンと来ないけど、実際行ってみて初めて分かるものですねぇ。

2019092310
2019092310 posted by (C)すみこ

最後にホテルのフロント入口にて記念撮影。

2019092311
2019092311 posted by (C)すみこ

のれんをめくった先はこんな感じ。

この写真の左側にフロント棟。

2019092312
2019092312 posted by (C)すみこ

暑くて大変だったけど、いい記念になったね(^_^)

2019092313
2019092313 posted by (C)すみこ

こうして竹田城跡観光を終え帰る事になるんだけど、まだもうちょっと続くよ~。

続く。

 

竹田城跡旅行記 ~竹田城跡 1~

今日も竹田城跡旅行記で~す。

日付を飛び飛びにやる上に、間にちょっとサボったりしたから終わるまで時間かかっちゃうねぇ(^_^;)

今日はいよいよ竹田城後に到着ですよ!

2019092101
2019092101 posted by (C)すみこ

天空バスは「竹田城跡」っていうバス停で降ろされるんだけど、「竹田城跡」って名前がついているとは言え、目の前ってわけじゃないんですね~。

バスの人もタクシーの人も、もれなく「竹田城跡」バス停からテクテク歩いて竹田城跡を目指すことになります。

2019092102
2019092102 posted by (C)すみこ

ずっと矢印表示してあるし旗が立ってたりするので、いよいよやってきたんだなぁって思うけれども、結構大変だったぁ~。

行きは初めて通る道だから余計に遠く感じるっていうか、暑かったせいもあって、もの凄い登山した気分(^_^;)

2019092103
2019092103 posted by (C)すみこ

途中で見かけた「落ちない岩」。

落ちそうで落ちない不思議な岩、受験生に人気らしいですよ。

2019092104
2019092104 posted by (C)すみこ

道自体は緩やかなんだけど、これを延々と上がり続けるっていうのが結構辛かった。

ついでに言うなら、リクが自力で歩いてくれたらもっと楽だったかもしれないけど、ず~~っとキャリーに入ったままで私が抱えて歩いてたからねぇ。

さぁさぁ、ひぃこらしながらようやく竹田城跡に到着ですよ~。

2019092105
2019092105 posted by (C)すみこ

令和元年、ある意味、いい記念の年にやってきたなぁ。

ちなみに上のような竹田城跡は「外から見る」竹田城跡。

雲海に浮かぶ竹田城跡を見たい場合は竹田城跡の向かいの山(朝来山)の中腹にある立雲峡へ登ってからご覧下さい、ってことです。

桜の名所でもあるらしいので、桜の時期に来たなら、雲海が見れなくても桜を見に立雲峡に行ってもいいかもですね。

立雲峡には行ってないので実際どんな所かは分からないんだけど、行った人のブログなどを見る限り、展望台まで上がって行くのが相当大変そうだったので、行くのはやめておいたのでした。

で、竹田城跡はと言うと↓

2019092106
2019092106 posted by (C)すみこ

まぁ、「跡」ですしね(^_^;)

城がある訳じゃなくて城跡なので、こうした石垣がいたる所に残っている風景です。

そして当たり前だけど登り!!

暑い、疲れた、リク重い、って状態で頑張りましたよ。

あ、ワンコは勿論OKですよ(^_-)

歩かせても良いんだけど、リクは歩かなかったのでほとんど私が抱えて行ったよ・・・

2019092107
2019092107 posted by (C)すみこ

苔むした感じが年月を感じさせるんだけど、こうして立派に石垣が残っているのはすごいと思う。

2019092108
2019092108 posted by (C)すみこ

ただね、やっぱり登りは辛いんよ~。

2019092109
2019092109 posted by (C)すみこ

母は杖をついて必死に上がったよ、よく頑張ったなぁって思う。

歩きやすいように整備はしてくれているんだけど、ホントに軽く登山だと思っていただいた方がいいかも。

竹田城跡に行こうかなって方は、足元楽な靴で行くのをオススメしますよ。

2019092110
2019092110 posted by (C)すみこ

さぁ、竹田城跡もいいけど、上から見下ろす町並みを見よう~。

2019092111
2019092111 posted by (C)すみこ

あそこから来たんだよ。

真ん中あたりを拡大するとですね。

2019092112
2019092112 posted by (C)すみこ

自分達が泊まっていたホテルとかバッチリ見えた。

白いのがホテルENの桂、黄色がフロント棟、青が大浴場、赤がレストラン、印は入れてないけど上にまちなか駐車場。

ホテルに駐車場に駅に、意外と狭い範囲内にあったので車を置いたままでの移動も楽ちんでした。

レストランの下に線路が走っているの見えるよね、その線路を挟んだ反対側にいい感じの広場があったので、ワンコのお散歩にのんびりするのにもよい場所だったよ~。

2019092113
2019092113 posted by (C)すみこ

ちょっとお天気は曇りで快晴とはいかなかったけど、雨も降らずに観光出来て良かった。

そしてですね、上がって来たら降りなくてはいけなくてですね・・・

続く。

 

竹田城跡旅行記 ~竹田駅~

今日も竹田城跡旅行記で~す。

ようやくホテル記が終わったんだけど、まだ肝心の「竹田城跡」まで行けてないんだけどね・・・

今日は竹田城跡まであと一歩、的な感じで、JR竹田駅について。

2019091901
2019091901 posted by (C)すみこ

あんまりお散歩らしいお散歩しなかったリクだけど、竹田駅まではちょっと歩いてみたよ。

ホテルから竹田駅までは徒歩にて直ぐの距離でした。

2019091902
2019091902 posted by (C)すみこ

途中で顔出しパネルあったのでやってみた。

2019091903
2019091903 posted by (C)すみこ

周辺が普通の住宅街っぽい感じが続いていたので、竹田駅までの道のりも、特に観光名所っぽいのがなかったんだけど。

開いてなかったけどお店かなって思われる所もあったんだけど、でかでかと看板があるわけじゃないから何なのかよく分からなかったよ~。

2019091904
2019091904 posted by (C)すみこ

竹田駅近くの広場にて。

雲海に浮かぶ竹田城の看板があった。

ちなみに、こういった雲海の上に浮かぶ竹田城っていうのは、どうやら9月から11月の早朝、のようです。

ちなみに午前4時から登城出来るようなので、恐らく早朝っていうのはその時間なのでしょうね。

ちょっと、無理かな・・・

上の看板のような雲海に浮かぶ竹田城、っていうのを見る場合は、対面にある山の展望台から見た風景だそうです。

竹田城跡そのものにいって、眼下に広がる雲海を見る方が楽しいかも~って思うけど。

ちなみに当たり前だけど、私達が行った時は雲海なんてかけらもない時期でした(^_^;)

2019091905
2019091905 posted by (C)すみこ

駅前広場に、恋人の聖地、ってこんなのあった。

竹田城跡が恋人の聖地として認定されているらしいです。

2019091906
2019091906 posted by (C)すみこ

駅前風景。

なんでこの竹田駅に来たかと言うと、ここから竹田城跡へ向かう「天空バス」に乗るため。

2019091907
2019091907 posted by (C)すみこ

竹田城跡は一般車両乗り入れ禁止です。

竹田城跡まで一番近い駐車場が山城の郷っていう所なんだけど、そこまでは車で行けるんだけど、そこからは歩くかタクシーに乗るか天空バスに乗るか。

歩くのはおすすめしないので、タクシーか天空バスがいいと思いますよ。

ルートは、竹田駅→山城の郷→竹田城跡→まちなか駐車場→竹田駅、って感じで一方通行で巡回してる模様。

時間はそれほど頻繁にあるわけではないので、注意が必要。

最初、車で山城の郷に行って停めて、それからバスに乗ろうかと思っていたんだけど。

理由はなんか竹田城跡まで一番違いのが山城の郷ってあったから。

でも、予想外にホテルから竹田駅が近かったのと、あと車を停めていたのがまちなか駐車場だったのとで、わざわざ山城の郷まで移動する必要もないかと、そのまま竹田駅からバスに乗りました。

2019091908
2019091908 posted by (C)すみこ

竹田駅前にてバスの時間を待っていたら、来た来た~。

竹田駅が言ってみれば始発なんだけど、乗ったの私達家族三人とリク、後は一人旅の人が一人。

あら~、すかすかだね~、余裕だね~。なんて思っていたら!

次の山城の郷でそらもういっぱいの人が乗ってきて、もうぎゅうぎゅうに押し合いながらなんとか並んでいた人が全員乗車するというパンパン状態。

やばかった~、山城の郷から乗ろうとしたら乗れなかったかもだよ。

山城の郷の駐車場車でいっぱいだった(^_^;)

竹田駅から乗って本当によかった。

2019091909
2019091909 posted by (C)すみこ

ワンコもキャリーに入れたらバスに乗って良し。

私達は一番後ろの席に並んで座っていたんだけど、リクを抱えた私は窓際で余裕で写真を撮りながら乗ってたんだけど、山城の郷についてからあまりに大混雑にビックリしたよ。

最初はこんな感じでリクの顔を出して乗っていたんだけど、人がいっぱいになった後はちゃんとファスナーを閉めておきました。

続々と人が乗ってきて、あぁ~びっくりした~って感じ。

竹田駅から竹田城跡まで約20分、バスに揺られて山を上がって行きますよ~。

さぁ、いよいよ竹田城跡だ♪

続く。

 

竹田城跡旅行記 ~竹田城 城下町ホテル EN 4~

今日も竹田城跡旅行記で~す。

しつこくホテル記が続いておりますが、今日で最終回となります。

前回夕食についての記事でしたが、今回は朝食について。

2019091701
2019091701 posted by (C)すみこ

残念ながらやっぱりリクはサークルでお留守番でございます。

2019091702
2019091702 posted by (C)すみこ

レストランに向かう途中、山を見たら霧がかかっていた。

天気悪かったからなぁ~、その影響かな。とも思うけど、朝はもしかしたら山の状態こんななのかもしれないですね。

2019091703
2019091703 posted by (C)すみこ

レストランに到着したら、他のお客さんが居なかったので店内をパチリ。

2019091704
2019091704 posted by (C)すみこ

すっごく雰囲気いいんだよ。

窓の直ぐ外には線路が通っております。

ではでは朝食について。

メニュー表があるわけじゃないので、もうなんて名前だったかとか覚えてないんだけどね・・・

2019091705
2019091705 posted by (C)すみこ

オレンジ色の野菜ジュースだったかな。

2019091706
2019091706 posted by (C)すみこ

これ何だ?

写真を見ても思い出せないというポンコツな脳みそでございます(-_-)

2019091707
2019091707 posted by (C)すみこ

朝食はこんな感じ。

お皿にちょんちょんちょんととってもお洒落。

おにぎりがこんな形で出て来たのにちょっと驚いたけど。

味は美味しかったんだけど、量が足りないかなぁ・・・って思いつつ食べたことを覚えております。

2019091708
2019091708 posted by (C)すみこ

食後のコーヒー。

雰囲気のいい店内でよい朝の時間を過ごす事が出来ました♪

2019091709
2019091709 posted by (C)すみこ

食後にちょっと直ぐ側の線路を見に行ってみた。

奥の右側に見えているのが竹田駅でございます。

長々とホテル記続いたなぁ~。

写真いっぱい撮っていてそれをなんとなくブログ用にチョイスしたら結構な量になっていたという(^_^;)

朝食のあと、リクを迎えに行ってちょっと付近を散策して、それから部屋でゆっくりしてからチェックアウトしたのでした。

本当によいホテルでした。

自分達だけで普段とは違う豪華な部屋でのんびり過ごせて、本当によかった~。

食事の時間にリクと一緒じゃなかったのだけが残念ポイントなんだけど、他は文句なしだよ(^_^)

続く。

 

竹田城跡旅行記 ~竹田城 城下町ホテル EN 3~

今日も竹田城跡旅行記で~す。

っていうか、やっぱりまだ竹田城跡まで辿りつけてないんだけどね(^_^;)

今日もホテル記となります。

今日はホテルでの食事についてです。

2019091401
2019091401 posted by (C)すみこ

食事はレストランに行かないといけないんだけど、残念ながらワンコはNGなのです。

お部屋でお留守番なのだ。

置いて行くのが可哀相だったけど、備え付けのでっかいサークルの中で待っててもらい、人間だけでレストランまで。

2019091402
2019091402 posted by (C)すみこ

これは明るいうちに撮ったレストラン棟の写真。

2019091403
2019091403 posted by (C)すみこ

夜になるとこんな感じ。

建物の上の方の山の上で明るくライトアップされているのが、竹田城跡になります。

ライトアップされてて綺麗だなぁ~。

ではでは、お待ちかねの夕食だよ~。

2019091404
2019091404 posted by (C)すみこ

創作フレンチコース。

さらさら~っと料理の写真をどうぞ。

2019091405
2019091405 posted by (C)すみこ

(アミューズ)地元野菜のガルグイユ。

2019091406
2019091406 posted by (C)すみこ

パン。

2019091407
2019091407 posted by (C)すみこ

(前菜)鮎のコンフィ 但馬産夏野菜と共に。

2019091408
2019091408 posted by (C)すみこ

アワビのバター焼き。(これはコースにないヤツで別にオーダーしたんだけど、もっと長い名前ついてたんだけど、覚えてない~)

2019091409
2019091409 posted by (C)すみこ

(スープ)とうもろこし冷製スープ。

2019091410
2019091410 posted by (C)すみこ

(お魚料理)本日鮮魚のカルタファタ包み焼き。

2019091411
2019091411 posted by (C)すみこ

(お肉料理)但馬牛フィレのグリエ 朝倉山椒風味。

2019091412
2019091412 posted by (C)すみこ

(デザート)ピーチメルバ。

2019091413
2019091413 posted by (C)すみこ

小菓子、と、コーヒー。

デザートの後に出て来たちょっとしたお菓子なんだけど、チョコパウダーで竹田城の絵が書いてある~。

2019091414
2019091414 posted by (C)すみこ

せっかくなので日本酒も飲んだよ。

料理、いちいちこじゃれててすごかった~~。

レストランの雰囲気もいいし、味すごく美味しくて、とっても楽しい夕食の時間を過ごすことが出来たよ(^_^)

特に追加で頼んだアワビ料理がすっごい美味しくてさ、一人に一皿じゃなくて、一皿だけ頼んで三人で分けたんだけど、こんなに美味しいんだったら一人一皿でもよかったし、量的にもコース食べても全然食べれたな~、って思ったよ。

但馬牛も美味しかったんだけど、美味しかったからこそ、もうちょっと量が欲しかったな~、なんてね(^_^;)

満足して帰る途中、リクの吠える声が道に響いて来ました・・・

家では大人しくお留守番出来るとしても、見知らぬ場所で置いて行かれたらそりゃあそうなるよね、ごめんね、リク。

キャリーやカートに入れてたら一緒に行ける、とかならいいのにね。

宿泊する場所としては最高なのに、食事の時に一緒に行けないのが残念なポイントなのでした。

2019091415
2019091415 posted by (C)すみこ

リク、お留守番ありがとうね。

で、寝る時はと言うと。

2019091416
2019091416 posted by (C)すみこ

ベッドの間にカートを置いて、リクはその中で寝てもらいました。

サークルの中に入れたら出せ出せ言うし、床にフリーにしてたらベッドに上げろ上げろ言うし、リクも大変だけど私も大変(^_^;)

カートに入れて横に置いたら大人しく寝たので、ようやく安眠出来たのでした。

続く。

 

竹田城跡旅行記 ~竹田城 城下町ホテル EN 2~

今日も竹田城跡旅行記で~す。

竹田城跡、なんて言いつつまだ竹田城跡まで行けてないんだけどね(^_^;)

今日も前回に引き続き、「竹田城 城下町ホテル EN」についてです。

2019091201
2019091201 posted by (C)すみこ

リビングから寝室を見た風景。

2019091202
2019091202 posted by (C)すみこ

シングルベッド2台。

ベッドの上には浴衣やアメニティが置いてあるよ。

2019091203
2019091203 posted by (C)すみこ

寝室の机。

鏡に映るベッドの風景とか、なんかすごい風情がある~、って言いたいんだけど、ホラー脳な私はまずはホラーが思い浮かんだという・・・

2019091204
2019091204 posted by (C)すみこ

浴衣は上が女性用、下が男性用。

浴衣の柄が女性用は2種類とも違ったよ~、すごいね。

アメニティはお持ち帰り出来る巾着に入ってたんだけど、巾着も全部柄が違ったよ、ホントにすごいね~。

2019091205
2019091205 posted by (C)すみこ

下駄有り。

下駄のまま外出可能。

ちゃんとアメニティセットの中に簡易足袋が入ってたよ。

結局靴の方が楽なので靴で移動してました。

2019091206
2019091206 posted by (C)すみこ

寝室の先の部屋にはバス、トイレ。

広々して綺麗、なんだけど・・・

2019091207
2019091207 posted by (C)すみこ

お風呂がガラス張りっつーねぇ、なんかそういうの慣れないわぁ~。

大浴場がフロント棟の方にあるので、そちらに行かれてもいいかもですね。

2019091208
2019091208 posted by (C)すみこ

お風呂から通路に出ると、勝手口の近くなんだけど、そこから玄関を見た風景。

やっぱりズドーンって続いてると壮観だわぁ。

玄関的に使っているワンコ部屋の外に置いてあるリクのカートが奥に見えるよね。

広々しててカートも楽ちんに玄関から入れて、置いておけるよ。

2019091209
2019091209 posted by (C)すみこ

寝室からリビング、ワンコ部屋を見た風景。

リクが座椅子で寝てるよ(^_^)

私が勝手に命名したんだけど、ワンコ部屋も広いよね~、デカイサークル置いてもまだ余裕あるんだもん。

ちょうどサークルの手前ら辺が玄関的になってて出入りするのに使ってました。

2019091210
2019091210 posted by (C)すみこ

リビングにあるこれ、二階へ上がる階段っていうか。

引き出し開けてみたら収納として使えるようになってた、すごい。

当然何も入って無かったけど、こういう和室の調度品ってすごい憧れる。

2019091211
2019091211 posted by (C)すみこ

二階に上がるとまずソファセットが置いてあった。

2019091212
2019091212 posted by (C)すみこ

雰囲気ある~、くつろげる~、でも二階はワンコNGなので、ここでリクと寛ぐことはなかったんだけど。

窓から外の風景を見ながらゆったり過ごす、っていう感じなんでしょうね。

2019091213
2019091213 posted by (C)すみこ

ソファから振り返ると、反対側に二階の寝室有り。

ここは吹き抜けなので見下ろしたら一階が見えるんですよ。

2019091214
2019091214 posted by (C)すみこ

二階もシングルベッド2台。

2019091215
2019091215 posted by (C)すみこ

チェアセットも置いてあって、雰囲気抜群。

2019091216
2019091216 posted by (C)すみこ

二階の寝室から見たら、廊下があってその先にソファセットがあるのが見えるよね。

自分の家もこんな風にお洒落だったらいいのに、って思っちゃった。

続く。

 

竹田城跡旅行記 ~竹田城 城下町ホテル EN 1~

久々に、竹田城跡旅行記、再開です(^_^)

今日は宿泊したホテルについてです。

生野銀山を観光して、道の駅に行って、その後チェックインするためにホテルに向かったんだけど。

実は、道の駅に行く前に「竹田城城下町ってどんな所?」って思ったので、「竹田城城下町観光でもしてみますか」なんて思ったんだけど・・・

竹田城城下町って何にもなかった・・・

何にもない、って言い方は良くないんだろうけど、よくある「メジャーな観光地である城下町」っていうのではなかったんですよ。

お土産屋さん(一件しか発見出来なかった)はあった。

案内によると飲食店と思われる場所もあったんだけど、なんとお店は一件も発見出来なかった(>_<)

「え? どこにあるん!?」ってちょっとさまよった挙げ句、諦めて駐車場に戻ったという。

そして時間がありすぎて困っていたので道の駅に行って、再び竹田城城下町に戻ってきてホテルチェックインとなりました。

旅先での情報、事前にしっかり調べておくのもやっぱり大切ですね。

今回宿泊したのは、「竹田城 城下町ホテル EN」。(詳細はクリックしてリンク先を見てね)

もしも竹田城に行くなら絶対に泊まってみたいと思っていたので、念願叶った~。

しかし宿泊料めっちゃ高かったけどね(-_-)

2019091001
2019091001 posted by (C)すみこ

フロントへの入口の様子。

ワンコ連れの場合はここには入れない、と思われる。

ホテルは、リンク先で地図を見てもらったらわかりやすいんだけど、フロント棟と宿泊棟が全然別になってるんですよ。

全6棟13室あって、城下町竹田城に点在する6棟がホテルの客室になっていてい、「あえてそのままにリノベーション」っていうのがコンセプト。

一般客の人は普通にフロントでチェックインして宿泊棟に向かうんだろうけど、ワンコ連れの場合は一度フロント前にてホテルに連絡して、そのまま宿泊棟に向かう、って感じ。

2019091002
2019091002 posted by (C)すみこ

一応目印の緑ののれん、フロントの並びにあるので、分かりやすく目立つのでここからTEL。(フロントは表示が小さくて全然気付かなかった・・・)

で、ホテルの人が迎えに来てくれて、宿泊棟の目の前まで車で行き部屋に荷物を下ろして、車は近くの「竹田まちなか観光駐車場」って所に停めることに。

ホテルそのものに駐車場がないので、車で来た場合はこの観光駐車場に停めるしかないようです。

2019091003
2019091003 posted by (C)すみこ

フロント棟と繋がっている建物、近づいて見てなかったのでなんだったかよく分からないです。

ペット宿泊可能な場所「楠」と「桂」ってのがあるんだけど、私達は「桂」の方に宿泊でした。

2019091004
2019091004 posted by (C)すみこ

宿泊した「桂」。

一棟建て。っていうか両隣と壁は繋がっているようだけども、完全に自分達だけの場所、って感じで良かったよ~。

写真の右側がお土産物屋さん、左側は何なのか不明(使われてはいないようだったけど普通に誰かの持ち家かも)。

昔は普通に誰かが住んでいたんだろうな、っていう所をホテルが宿泊施設として使っているんでしょうね。

2019091005
2019091005 posted by (C)すみこ

リクと記念撮影。

リクの目が死んでるけど・・・

2019091006
2019091006 posted by (C)すみこ

部屋にあった案内地図にて、右下の白丸が宿泊した「桂」、赤丸がフロント、緑丸が大浴場、上の青丸がレストラン。

印は入れ忘れてるけど、地図の下のPマークの所が駐車場で、徒歩で全然行ける近い距離だったのでそれほど問題はなかったです。

さてさて、「桂」の玄関を明けて入ると・・・

2019091007
2019091007 posted by (C)すみこ

ストーン、と、玄関から勝手口まで一直線に行けるようになってた。

こういうのなんて表現するんだったっけ? わからん~。

すごい風情があっていいわぁ~、ちょっと古民家に来たような雰囲気味わえた。

この通路の左側にお部屋が並んでるんです。

2019091008
2019091008 posted by (C)すみこ

まず入って直ぐにワンコ部屋(と勝手に私が命名)があり、ドドンと置いてあったワンコサークル。

広い! すごいいいの置いてあるね~。

建屋内、一階はワンコオールOK、二階はNG。

ただし一階でも、ベッドの上に上げるのはNG。

2019091009
2019091009 posted by (C)すみこ

ちょっと写真がイマイチなんだけど、トイレトレーにフードボウル、サークルの下には防水シートと思われるのが一面敷いてあったよ。

2019091010
2019091010 posted by (C)すみこ

ワンコ部屋には、サークルに対面する形でこんなベンチもあった。

2019091011
2019091011 posted by (C)すみこ

ワンコ用アメニティ。

ちゃんとワンコ用に天然水のペットボトルも置いてあり、トイレシートにエチケット袋にお掃除用シートもあり、使用済トイレシートは右のゴミ箱に入れる感じ。

この白いの、赤ちゃんのオムツを入れると一つずつパッキングされて臭わない、っていう商品あるじゃないですか、それです。

2019091012
2019091012 posted by (C)すみこ

ワンコ部屋の横のリビングスペース。

よくあるお茶とかコーヒーとかの一式が置いてあり、ポットも冷蔵庫もあり。

ただしこのホテル、TVはありません。

日常と違う時間をゆったり過ごすために、だったかであえてTVは置いてないのです。

TVを見てなくても取り敢えずつけてる、っていう生活をしている事が多い私にはちょっぴり寂しかったけど、まぁ見ないんだからなくてもいいといえばいいんですね。

2019091013
2019091013 posted by (C)すみこ

ウェルカムお菓子とお茶。

ホテルの係の人がフロントから運んで来てくれました。

そしてなんと↓

2019091014
2019091014 posted by (C)すみこ

ワンコ用のウェルカムフードが置いてあった!

この手のはリクは今まで口をつけなかったからなぁ~、なんて思いながら粒をちょっと差し出してみたら、バリバリ食べた(^_^)

最近何でも食べる様になったリク、旅先での見慣れない食べ物でも全然大丈夫になったようです。

こちらはフードボウルにざら~と入れてあったので、そのままだと痛んじゃいそうだったので、持参していたジップロックに入れ直してピッチリ蓋をして保管しておきました。

ご飯やおやつとして、美味しくリクがいただきました(^_-)

流石に食べきれなかったので持ち帰ったけどね。

この「桂」、二階建てなんだけど、吹き抜けになっているので、二階から見下ろした風景がコチラ↓

2019091015
2019091015 posted by (C)すみこ

リクが見てるね~。

見えているこの場所がリビング、写真に写ってないけど下側にワンコサークルの置いてあるワンコ部屋、写真の上側が寝室、その寝室の先にはバス・トイレがあります。

テンション上がっていっぱい写真を撮りまくった割にはあんまりいいの撮れてなかったんだけど、次もホテルの紹介しま~す。

続く。

 

オモチャで遊ぶ?

今日はリクのオモチャ遊びについて。

リクの好きなオモチャの系統としては、音が鳴ったり、動いたりするやつなんだけど。

出来れば音が鳴りつつ勝手に動いてくれるのが一番好ましい。

んだけど、そういつもいつもリクが気に入るオモチャを発見する事が出来ないわけで。

で、とある日、新しいオモチャを出してみた。

2019090801
2019090801 posted by (C)すみこ

そのオモチャで遊んだ結果、持ち逃げしてハウスに隠れようとしてる後ろ姿。

そのオモチャはどんなのかというと↓

2019090802
2019090802 posted by (C)すみこ

これ、人間の子供用のオモチャで、コマです。

うまく回転させたらピカピカ光りながら回るっていうの。

勿論電池で動くオモチャではないので、直ぐに回転力を失ってころんとこけてしまうんだけど。

何故だか、コマを回して見せたら大喜びで食い付いて、逃走してハウスに立てこもってしまったという(^_^;)

音も鳴らないしあっと言う間に動かなくなっちゃうのにねぇ。

2019090803
2019090803 posted by (C)すみこ

囓って壊して欠片を食べてしまうかもと思って取り返したかったんだけど、この時は取り返せず(-_-)

すんごい力で食い付いてるんですよ。

決死の思いでリクをハウスから引きずり出して、ハウスに入れないようにしておいたら、そのうちオモチャ放置して寝始めたので、その時にそっと回収したんだけど。

食い付いてる時のリクってホントにすごい執念深さだったよ。

ハウスから引きずり出すときにものすごいうなり声をあげるもんだから、ガブってくるかと思ったけど、オモチャに食い付くのに必死で噛みついては来なくて助かった。

ちなみに、暫くはこのコマを見せたら大喜びで追いかけてきてハッスルして遊んでたんだけど、今はもう見せても知らん顔されてしまいます(^_^;)

ずっと遊んでいられるオモチャってなかなかないねぇ。

 

掃除機と闘うリク

掃除機、新しくしました~。

スタンド式の掃除機を買ったんだけど、最近の掃除機って小さくてもパワーあるなぁって思ったよ。

さてさて、そんな掃除機とリク、どうなるかなぁ。

2019090601
2019090601 posted by (C)すみこ

ものすっごい戦いを挑んできたよ(^_^)

やっぱり掃除機はいい刺激になるね(^_-)

2019090602
2019090602 posted by (C)すみこ

でもね、母が同じこの掃除機で掃除をしてても戦いを挑まないでそ~っと隠れているらしいので、リクが戦いを挑んでいるのは掃除機ではなくて私なんだろうねぇ(^_^;)

私が持っていると掃除をしているというより、遊んでもらえるって思ってるのかな?

 

パソコンデスク下の使い方

あちゃー・・・

また、文章入れないままアップしてた(^_^;)

というわけで、コチラ↓

2019090401
2019090401 posted by (C)すみこ

パソコンデスクの下のラックに、アゴをおいて寝ているリクです。

リクのために、下の棚は使わないで空けてあるんだよ~。

2019090402
2019090402 posted by (C)すみこ

硬いから、快適ではないのかもしれないけれど、その段差と冷たさがいいのかもしれないね。

2019090403
2019090403 posted by (C)すみこ

アゴを乗せるだけじゃなくて、壁がわりにして寄りかかって、体をひねりながら寝てたりするよ。

パソコンデスク下の環境が変わっちゃったけど、ちゃんと活用してくれて嬉しいよ(^_^)

ちなみに私は、椅子生活に戻って快適快適、やっぱり椅子が一番だよ。ってめっちゃ思ってます。

 

9月になりましたね

9月になりましたね~。

時はジェットスピード!

ってすっごい思う、ホントにねぇ。

ついちょっと前までは↓

2019090201
2019090201 posted by (C)すみこ

会社から帰ってきて部屋の時計見たら、こんな恐ろしい温度が表示されていたんだけど。

8月の終わり頃から、こういう事もなくなってきて、夏も終わるに向かってるなぁって思うよ。

ところで今年の夏、きりきりお散歩に行けましたか?

私とリクは、全然行けなかった・・・

夏ってこんなに暑かったっけ? って思うぐらい暑かったなぁ。

昔は休日の朝は頑張って早く起きて、あさんぽ、なんてしてたのに、今年の夏は早朝に起きれなかったので出来なかった。

夜も大分遅くならないと涼しくならなかったから、結局散歩に行けずじまい。

2019090202
2019090202 posted by (C)すみこ

お気に入りの夏のタンクトップもほぼ活用出来ないままになっちゃったなぁ。

もっと涼しくなったら、歩くための散歩というより、気分転換の為のちょっとした散歩、をしてあげられたらなぁ。

リクだって家の前をウロウロするだけじゃ変化がなくて面白くないだろうからね。

2019090203
2019090203 posted by (C)すみこ

ブログ用ストック写真に残っていた写真。

多分ダックスプランターとリクを一緒に撮れたので使おうと思ったんだろう、と思うんだけどあまりよく覚えてない(^_^;)

お洋服、いっぱい着せたいなぁ。

夏は暑くて全然出番がなかったので、涼しくなったら着せるぞー。

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »